AGAとは?

agatoha

AGAという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。特に薄毛や脱毛に悩む男性はご存知の方も多いでしょう。AGAとは男性型脱毛症のことで、脱毛の種類の一つです。額の生え際や後頭部が薄毛になったり、脱毛をしたりすることが特徴で、30~50代男性に多く見られる症状です。しかし、原因の一つがストレスということもあり、最近では社会人になりたての20代の男性でもAGAで悩む人も増えています。AGAは進行性の脱毛症なので、ケアをせずに放置しておくと、さらに薄毛や脱毛が進行します。薄毛に気が付いたら、早めの治療が必要です。

AGAのメカニズム

AGAは男性ホルモンのテストステロンと深く関係しています。テストステロンがジヒドロテストステロンというより強い男性ホルモンに変化することで、発症します。
一般的には男性ホルモンが多いと薄毛に成り易いと思われがちなのですが、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうことが、AGAの原因となるのです。
ジヒドロテストステロンに変換されるのには、5αリダクターゼという酵素が影響しており、この酵素は毛根周辺の皮脂腺から分泌されるもので、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる働きを持っています。
このジヒドロテストステロンが、髪の成長を阻害することでAGAが発症するのです。
5αリダクターゼが生成されるしくみとは
5αリダクターゼは男性ホルモンの働きを補助する働きがあります。男性ホルモンであるテストステロンは20代をピークに減少し、不眠や疲労、集中力の低下など心と体に影響が出始めます。テストステロンが減少すると、体はより活発であるジヒドロテストステロンを産出しようとして、5αリダクターゼが生成されるという仕組みです。
5αリダクターゼには1型と2型があります。1型は主に皮脂腺に多く存在し、2型は毛乳頭に多く存在します。AGAに特に大きく関係しているのは2型5αリダクターゼ。その理由は、2型5αリダクターゼが欠損している男性にはAGAの症状が見られないこと、1型5αリダクターゼは前頭部と後頭部の毛乳頭に存在しますが、2型は前頭部のみにしか見られないことです。1型5αリダクターゼがAGAに全く関与していないかどうかははっきりしていませんが、2型5αリダクターゼが大きく関与していることは解明されています。
どちらにしても5αリダクターゼが活性化しやすい体質、ジヒドロテストステロンが多く産出されやすい体質というものはあり、それが遺伝する可能性が高いとされています。

AGAを改善する方法は?

AGAが発症するのは遺伝だから改善できないと思っている人もいるでしょう。しかし、治療や対策はあります。AGAが発症する原因から考えると、対策としては2型5αリダクターゼの働きを抑制すること、2型5αリダクターゼを受け入れる男性ホルモンの活動を抑制すること、毛乳頭が出す脱毛サイン物質を抑えることです。
現在AGAに有効と考えられている治療薬がミノキシジルとフィナステリドです。これらの治療薬を使用するには、まずは頭髪外来専門のクリニックなどの医療機関に行くことです。自分のAGAの状態や、正しい治療方法を知ることができるでしょう。
また、治療薬や育毛剤だけに頼るのではなく、自らの生活習慣を見直すことも必要です。治療薬などによってAGAの原因となる5αリダクターゼを抑制することができても、頭皮環境が悪ければ薄毛や脱毛は改善されません。髪に必要な栄養素を積極的に食事に取り入れること、適度な運動をすること、睡眠不足をしない、禁煙をする、頭皮の血行をよくするなど、生活習慣において、髪や頭皮にとって不健康になる習慣を改善することが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

抜け毛と季節の関係性

抜け毛とヘアサイクル 髪の毛というのは、一生のうちに何回も抜け落ちて、また生えてくるというサイクルを繰り返します。 一生ずっと生えた…

カテゴリー

ページ上部へ戻る