薬によるAGA治療と副作用

aga_medicine

AGA治療薬の一つがプロペシア

AGA治療はAGA薬品を使用する形で治療が進められていくことが多くなっています。そして、どのような医薬品があるかと言えば、そのひとつがプロペシアです。男性ホルモンの働きを抑制する医薬品として開発され、元は全く異なる治療のために存在していましたが、今はAGAのためにも使用されています。男性ホルモンを抑制することによって髪の毛には良い影響を出してくれる可能性があるのですが、副作用として性欲が減退してしまう可能性なども指摘されていますので、そのようなことも含めて把握した上で、この医薬品に目を向けていきましょう。

AGAで使われるミノキシジルという薬

AGA治療において注目しておきたいAGA薬のひとつがミノキシジルという成分を含んだ医薬品です。ミノキシジルは元々、血管を拡張させるための医薬品として開発され高血圧の患者さんたちが使用していたものですが、ミノキシジルを使用した患者さんの副作用として育毛効果が見られたことから、そこから研究がスタートしていき、今ではAGAのためにも使用されているのです。血圧のための薬でもあるために、ミノキシジルを使用すると血圧に影響が出てくることもありますので、そのようなことも含めて把握しておき、使用していくことが重要となるのです。

副作用を理解しておきたい

これからAGA治療を受ける際にはAGA薬品に関しても興味を持っておきたいものですが、このような医薬品には効果がある一方で副作用があることも忘れてはいけません。どのような医薬品でもそうですが、何かの効果を得るために別な部分に作用してしまって、別な症状が出てくることもあります。どのような副作用があるのかは医薬品によって異なりますし、副作用が出るかどうかは個人差があるのですが、これからAGAに挑むということであれば覚えておくべき要素と言えるのではないでしょうか。このような点だけは忘れないようにしておきましょう。

クリニックでまずは医師に相談を

AGA薬を使用したAGA治療はすでに多くの方々がおこなっています。そのような過去のケースはこれからAGAに目を向けようとしている方々にとってひとつの安心材料になると思いますが、このAGA治療をおこなってくれるのは医療機関です。そのため、髪の毛に関して悩みがあり、AGA治療を受けたいと考えるのであれば、まずは医師に相談することを考えてみましょう。そうすれば未来が開けてくる可能性があるのです。悩みを抱えたままに不要なストレスなどを溜め込んでしまうのは余計によくないので、まずは話をしてみることも重要なポイントになると言えます。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

Caucasian young man controls hair loss

長期間かけて克服しないといけない

返金制度のある販売店を利用する AGAの治療は健康保険が適用にならないので、クリニックに行かず、育毛剤を購入するという人も存在しています。…

カテゴリー

ページ上部へ戻る